浮気調査|特定できないあやしい日

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

パートナーが浮気しているかもと疑った時に、皆さんが携帯電話やLINEの履歴などであやしい日を特定出来るかというと、出来ない方も多くいます。そういった場合の浮気調査はどういう風に進行していけばいいのでしょうか?

まずはチェック出来る行動から

浮気調査の費用を抑える一番の方法は、浮気相手と接触するかも知れないあやしい日を、特定することです。ただみんながみんなパートナーの携帯電話などの私物をチェック出来るかというと出来ません。

そういった場合は徹底的にパートナーの動きなどをチェックしていきます。

・毎日の行動パターン(帰宅時間など)

・財布の中身(レシートやポイントカード)

・お金の減り具合

・毎日の服装

・普段の様子

などをノートなどにつけていき共通したものはないか?何か変化はないか?を探っていきます。例えば帰宅時間が遅い日に履いていった下着や服装など

共通した行動がない場合は?

どうしたらよいのでしょうか?お客様によってはあやしいかもと思う日に浮気調査をやる方や、連続して浮気調査をやる方がいます。

どちらの調査のやり方も間違いではありませんが、どちらが早く証拠か撮れるかというと、連続で浮気調査をおこなう方になります。あやしいと思う日にランダムで調査していくと、宝くじみたいなもので、なかなか浮気相手と接触しない場合があり、連続して調査するよりも高額になられる方がおられます。

調査方法はよく相談する

相談者一人ひとりの調査方法は違ってきます、それぞれにあった浮気調査の方法をよく相談しあって、一番よい方法で証拠を撮っていって下さい。

浮気調査のご相談は無料です

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter