浮気調査を依頼するなら気をつけること

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

パートナー(夫や妻)が浮気しているかも知れないけど確信が持てないため、何としても浮気をしている証拠をつかみたいとご自身で情報収集をしたり、中には尾行までされる方がいます。ですがなかなかご自身では証拠をつかむのは難しく探偵事務所に依頼することになる方が多くいます。

情報収集は慎重にする!

浮気しているかどうかを手っ取り早いく知るには、やはり相手の携帯(スマホ)など確認することだと思います。

携帯を見ると浮気相手とのメール内容やLINEなどの履歴、SNS内での連絡、発着信、浮気相手の名前もわかったりします。これらは依頼者からすれば大きな情報ですし、中には証拠の一部として使用出来るものもあるでしょう。

ただ相手も自分の浮気の証拠を残しておくような行為はなかなかせず、履歴を消したり、ロックをしたりするでしょう。そうなると依頼者も躍起になり意地でも見てやると色々される方がおり、だんだんパートナーも警戒しバレないようにしていき、事実がわからなくなります。

依頼者がする事は対象者もする

依頼者がパートナーの携帯をチェックするように、相手も依頼者の携帯をチェックするかも知れません。依頼者の方に気をつけて下さいねと言うと「うちの人はそんなことしません」と返ってきますが、探偵からするとそれはわからないと思います。実際に探偵と依頼者とのやりとりをパートナーが夜中こっそり見ていて調査日が筒抜けだったことがあり、当然証拠は出ませんでした。

依頼者の行動やりとり雰囲気がいつもと違うと、対象者も携帯を見たり何かあるのか探ろうとするかも知れません。

対象者を警戒させても得なし

対象者を警戒さし証拠が撮れなくなると意味のないものになります。探偵も浮気調査を実施する場合は慎重に慎重に進めていきます。ご依頼される方もこの人は大丈夫…ではなく慎重にしなければなりませんし、焦って過度な情報収集は気をつけて下さい。

横浜市での浮気調査のご相談はこちらから

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter