浮気調査|探偵顔負けの情報収集

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

探偵事務所への相談が多い浮気調査ですが、ご相談に来られる方も色々な方がいます。独自で調べてからどうしようもなくなり来られたり、丸々探偵社にお任せで来られる方もいます。今回は浮気調査を依頼するのに必要な情報を書いていきます。

1、調査に必要な情報

依頼される方には必ず(夫や妻、彼氏や彼女)といった対象者がいます。

そしてその対象者が浮気しているかどうかの事実確認や、離婚や慰謝料請求に向けて調査を依頼されます。

1-1 対象者の必要な情報

  • 対象者の名前
  • 住所
  • 勤務先
  • 移動手段

名前は報告書に記入するためで、住所や勤務先は浮気調査を開始する起点となる場所になります、移動手段は尾行をスムーズに行うためにあった方がよい情報です。これらは最低限必要な情報になります。

1-2 その他にあった方がよい情報

  • 浮気相手の名前
  • 浮気相手の住所
  • 浮気相手の勤務先
  • 浮気相手の移動手段
  • あやしいと思う日
  • 対象者の行動パターン

これらの情報は必要な情報にプラスそてあれば、より浮気調査がスムーズに進みのと同時に、無駄な日数をかけずに調査費用も抑えれることになります。

またプラスした情報により対象者から開始せず、浮気相手から調査が出来るため、より警戒を与えず証拠収集を行えることもあります。

2、過剰な情報収集は危険!

インターネットなどにも「自分で浮気調査!」などと間違えた情報も多く見られるためか、最近はご依頼される前に自分で情報収集しようとする方がいます。

中には尾行したり、写真を撮ったり、携帯を盗み見たり、財布をチェックしたりなどを探偵顔負けの情報収集をご自分でやられて来られます。

また、最近はインターネットの発達からフェイスブックやツイッターなどのSNSなどで情報を収集されている方や、LINEアプリから情報を得ている方や、自宅や車内にICレコーダーを仕掛けてあやしい日を特定される方もいます。
こういった情報収集は一歩間違えれば、対象者にバレて警戒される恐れがありますので、くれぐれも気をつけなければならない行為です。

*お客様が対象者の異変に気付いたように、対象者もお客様の異変に気付く恐れがあります。

浮気の情報収集のまとめ

浮気の情報収集は、相手に気づかれると感じたらすぐにやめて様子を見てください。見つかれば浮気の証拠はつかめないままになり、相手に逃げるチャンスを与えます。必ず証拠が欲しい方はあまり無理はしない方がよいでしょう。

横浜のピアレス探偵事務所

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter