対象者の動きを予測することが成功率をあげる

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

浮気調査や素行調査で基本となるのが尾行調査です。尾行とは探偵調査員が、対象者となる者を、徒歩や電車、車両などを使用し、行動を詳細に記録していくことです。

尾行とはどういったものか?

大きく別けると、2種類あるのではないかと思います。

  • 徒歩での尾行
  • 車両での尾行

徒歩尾行について

徒歩尾行といっても、対象者が徒歩のみ移動する、電車を利用する者、バスを利用する者、飛行機を利用する者など様々です。

また対象者の性格や普段の行動、警戒度などにもより、尾行のやり方は変わってきます。

こういった対象者の状況や情報は、お客様から詳しくヒヤリングしていき、目に見えない部分は実際の尾行で判断していきます。

車両尾行について

車両も徒歩と同じく、対象者の車両で動く者、第三者の車両で動く者、タクシーなどを利用する者、ハイヤーで動く者、何台かの車を入れ替えて乗る者などがあります。

徒歩尾行でも車両の必要性

長年調査を行っていると、色々な動きを経験します。例えば対象者が歩きで出ても、出先でタクシーに乗る場合や、もしかしたら接触した人物の車に乗る事も、対象者が入った建物を張り込みするのに車両の方があやしまれない場合や、浮気調査の場合は浮気相手の居住先まで判明する事が多いので、その浮気相手の行動も予測しなければなりませんので、徒歩尾行の浮気調査や素行調査でも、車両を用意することが場合によっては必要になります。

まとめ

お客様が考えてる対象者の動きと違う動きをする場合が多く、その為にお客様から詳しくヒヤリングしたりして調査員は色々なパターンを予測し調査にあたります。

大げさと思われることもありますが、そうすることが成功率を上げ、調査費を抑えることに繋がるのではないかと、ピアレスでは考えています。

浮気調査のご相談はこちらから

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です